安国論寺
 
 
 
1253年(建長五年)、日蓮の創設。松葉ヶ谷草庵跡と伝えられる。 ここで日蓮は『立正安国論』を執筆、鎌倉幕府に建白したが、 あまりにも過激な内容が執権・北条時頼の不興を買い、 伊豆へ流されることとなった。 境内には日蓮が他宗から焼き討ちされた際に一時避難したという 洞窟・南面窟(なんめんくつ)が残り、 また日蓮も通った富士見台からは鎌倉の海と富士を一望する。

アクセス:
JR鎌倉駅東口から若宮大通りを南へ、下馬の交差点を逗子方向へ約1km。計 徒歩15分。
開門時間:AM9-PM5
入場料:100円